読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Note Pad

Qiitaに書くほどでもない技術的なことや日々の雑感を書いていきます

念願の4Kディスプレイ[27UD58-B]を購入!

前々から興味はあったけどなかなか購入できなかった4Kディスプレイを購入しました。

購入したのはLGの「27UD58-B」という27インチのモデルです。
Amazonでも日々価格が変動しており、購入するタイミングをうかがっていました。
今回は45,000円程に下がったところを狙って購入。最安値ではないかもしれませんが、納得できる範囲です。

www.lg.com

今までFHDの24インチディスプレイを使っていましたが、以下の理由で買い替えを決めました。

  • 8年近く使っているのでボロボロ
  • 画面が荒く感じる(Mac Book ProのRetinaディスプレイが綺麗すぎる弊害かも)
  • TNパネルだからか、目が疲れる
  • 作業領域をもう少し増やしたい。

今回、このモデルにするにあたって考慮したのは以下の点くらいです。

  • FHDを超える解像度
  • IPSパネル
  • 60Hzで表示できること(今後のため)

グレアかどうかはあまり考慮しませんでした。

また、23.8インチの「24UD58-B」というモデルと迷いました。
3万円台前半で購入できるし・・・。
しかし、「24インチだと4Kには小さい」という評価をいくつか見かけたので今回は27インチにしました。

パッケージはただのダンボールにプリントがされているだけという感じ。
思ったよりも軽い。

f:id:yuki10k:20170225220203j:plain

参考にティッシュ箱との比較。
結構でかい。

f:id:yuki10k:20170225220314j:plain

箱を開けると、ダンボール自体に簡単な組み立て方がプリントされていました。
後は付属のケーブルなどがバラバラと。

f:id:yuki10k:20170225220419j:plain

入力端子は公式のスペック通り、

  • HDMI2.0 x2
  • DisplayPort x1

f:id:yuki10k:20170225220438j:plain

今まで使っていたモニタとのサイズ比較。
見えていませんが、後ろにちゃんとあります。
古い24インチに比べて小型化されているという嬉しい誤算。

f:id:yuki10k:20170225220457j:plain

Mac Book Pro Early2015 13インチモデルとの比較。

f:id:yuki10k:20170225220520j:plain

色々解像度を試してみました。

最小から2番目の解像度ではまだ少し文字が小さいかなという感じ。

f:id:yuki10k:20170225220848j:plain

普段使いにはこのあたりの解像度が良さそうです。

f:id:yuki10k:20170225220906j:plain

DisplayPortならこのMacでも60Hzで出力できるかもしれないですが、DisplayPort <–> Mini Display Port変換ケーブルを持っていないので断念。

また、実際にPS4とも接続してみましたが、こちらも問題なし。
※Proではないので1080Pですが、とても綺麗に見えます。

結果としては満足です。
普段の用途はネットを見たりコードを買いたり、ゲームをしたりがメインなのでこのエントリーモデルで充分でした。

目が疲れにくくなっていると期待して、これからしっかり使っていきたいと思います。
前のディスプレイが8年近く使っても未だにちゃんと動いているので、最低でも5年は使えることを期待。

React / Redux入門勉強会に行ってきた

React Nativeの学習を始めたものの、ReactもReduxもよくわからない状態からだったので、
こちらの勉強会に行ってReact / Reduxについて学んできました。

d-cube.connpass.com

その復習と理解度の確認を兼ねてメモ。

今回はReactのTodoサンプルアプリでReact.jsの復習。

GitHub - KazuhiroYoshimoto/react-todo-sample

Reactだけではなく、TypeScriptも使われている。
jQueryで止まっている身としては辛いけど、頑張って読んでいく。

IDEAtomを使いました。
コードの参照元を追いやすい。

index.html

いきなりpublic/bundle.jsを参照している。
bundle.jsというファイルはこのリポジトリに存在しない・・

webpack.config.jsを見ると、定義が書かれていました。

f:id:yuki10k:20170215011306p:plain

./src/Index.tsxを読み込んで/public/配下にbundle.jsというファイルでトランスパイルしているそうな。
webpackもちゃんと理解していなくて、このあたりも再度復習が必要そう・・・

index.tsx

続いてindex.tsxを見ていく。
ReactDOM.renderファンクションの中で、idappDOMを指定している。

この例では、index.html<div id="app"></div><Component />を適用している。

f:id:yuki10k:20170215011316p:plain

<Component />が何かというと、./Componentsとして読み込んでいる。

f:id:yuki10k:20170215011325p:plain

Components.tsx

./Componentsが指し示しているのは、Components.tsxで、classがいくつか存在しているため「どれやねん」となりそうだけど、今回の場合は特に指定していないので、default宣言されているTodoListComponentが対象。

f:id:yuki10k:20170215011334p:plain

また、TodoListComponentの中で呼び出しているTodoというクラスと、TodoComponentというクラス(コンポーネント)は、それぞれComponents.tsx内に定義されている。

Todoクラスはidtextという項目を持つ単純なクラス。

f:id:yuki10k:20170215011353p:plain

TodoComponentは、Todoクラスのtext項目をレンダリングするためのコンポーネント

f:id:yuki10k:20170215011405p:plain

また、TodoListComponentTodoComponentの配列を持ち、それを出力している。

一見難しそうだけど、頭から追っていくことでなんとか理解することができた。
(まだReactの本質ではない)

このあたりは現代のフロントエンドでは当然のことなのかもしれないですが、
引き続きコードを追いながら React / Reduxについて学んでいきたいと思います。

ようやくCOMPが到着したので試してみた

以前注文していたCOMPがようやく入荷し、自宅に届いたので早速試してみた。

yuki10.hatenablog.com

今回注文したのは以下のものです。

  • Trial Pack(400kcal x 3)
  • 4000kcal x 2
  • COMPシェーカー
  • COMPスコップ

実際には仕切りが入っていましたが、ダンボールの中にはこんな感じで入っていました。
Trial Packは、3袋入りの箱になっておらずにそのままダンボールに入っていました。

f:id:yuki10k:20170205231704j:plain

400kcalパックの裏面
100gあたり449kcalと表示されており、一瞬あれ?となりますが1袋に入っているのは93gなので400kcalになるように調整されているようです。

f:id:yuki10k:20170205231724j:plain

シェーカーの簡単な使い方

f:id:yuki10k:20170205231737j:plain

早速作ってみます。
今回は400kcalのパックと牛乳で試してみることに。
初回は水で試してみたかったのですが、ミネラルウォーターを買い忘れたのと、
水道水が苦手なので今回は見送り。

f:id:yuki10k:20170205231753j:plain

中身はこんな感じで、なんというか・・粉です。
脱脂粉乳みたいな感じ。

f:id:yuki10k:20170205231801j:plain

COMP : 牛乳 を 1 : 2 くらいの割合で入れ、

f:id:yuki10k:20170205231816j:plain

混ぜてみるとかなり容量が減りました。
COMPが牛乳に溶け込んでいるのが分かります。

f:id:yuki10k:20170205231832j:plain

実際に飲んでみると、少し粉っぽさがあったので牛乳を少し多めに入れてみることに。

味の方は、豆乳のような風味があり、美味しいかと言われると「う〜ん?」となるような感じ。
ただ、飲めないということは全く無く、普通に飲み進めることができます。

腹持ちは結構良く、お昼過ぎに摂取したものの、夜の7時ころまで空腹感を感じませんでした。

また色々な味を試してみたいと思います。

流行りのグリーンスムージーを試してみた

以前、COMPを注文してからまだ手元に届かないので、しびれを切らしてグリーンスムージーを購入してみました。
※注文時にCOMPの発送は2月1日以降と書かれていたので、届いていないのは想定内です。

yuki10.hatenablog.com

試してみたのはNatural Healthy Standardのミネラル酵素グリーンスムージー

【1袋定期】ミネラル酵素スムージー | ナチュラルヘルシースタンダード

1回6gなので、これ一袋で約1ヶ月分です。

定番のAmazonで注文。
スムージー2袋(マンゴー、ピーチ)とシェイカーを合わせて3000円ちょっとで購入できました。

届いたのはこちら。

f:id:yuki10k:20170129202158j:plain

早速開封していきます。
今回はマンゴーを開封。

少し黄色かったりするのかなと思いましたが、薄い緑色でした。
開けるときに粉が飛びやすいので注意。

また、中には↓のようにスプーンが付属していました。
これ2杯が1食分とのこと。

f:id:yuki10k:20170129202201j:plain

早速シェイカーにスムージーの粉を2杯と、今回は牛乳を200g(目安)を入れました。
普通に入れただけでは全然混ざりません。

f:id:yuki10k:20170129202204j:plain

そのまま蓋をしてシェイクした結果、なんとか混ざりました。
写真ではわかりにくいですが、細かい泡が立っています。

f:id:yuki10k:20170129202206j:plain

早速飲んでみましたが、これは美味しい。
さわやかな甘さがあり、ダマになって飲みにくいという事もなく、スッキリとした後味です。
マンゴー感はあんまり無いかも。
また、口コミにもありましたが少し時間を置くととろみが出てまた違った美味しさです。

水で作るとイマイチという意見があったので水はまだ試していないですが、牛乳で作るのは間違いなしといった感じ。

また、COMPに混ぜて飲んでも美味しいらしいので、ますますCOMPが届くのが楽しみになりました。

これで正月に増えてしまった体重を、リセットしていけそうです。

Linux上でjarを実行した場合にjavafxが見つからないというエラーが出たので調べた

なかなか原因にたどり着けなかったので、メモとして残しておく。

環境

実行したいjarはマルチプラットフォームで動作し、通常はGUIが表示されるがオプションを付けるとCUIモードで動作する。
そのため、JavaFXを利用している。

実行

実行しようとすると、以下のようなエラーが出た。
クラスローダーでjavafxが見つからないと言われている。

Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: javafx/application/Application
    at java.lang.ClassLoader.defineClass1(Native Method)
    at java.lang.ClassLoader.defineClass(ClassLoader.java:763)
    at java.security.SecureClassLoader.defineClass(SecureClassLoader.java:142)
    at java.net.URLClassLoader.defineClass(URLClassLoader.java:467)
    at java.net.URLClassLoader.access$100(URLClassLoader.java:73)
    at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:368)
    at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:362)
    at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
    at java.net.URLClassLoader.findClass(URLClassLoader.java:361)
    at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:424)
    at sun.misc.Launcher$AppClassLoader.loadClass(Launcher.java:331)
    at java.lang.ClassLoader.loadClass(ClassLoader.java:357)

macのterminalからは動いていたのにな、、と色々調べた結果、

OpenJDK8には JavaFXのパッケージは含まれない

とのこと。

その場合、どのディストリビューションを使っているかによるものの別途JavaFXのパッケージをインストールしてあげればうまくいくらしい。
自分の場合は、アプリのパッケージに内包していたJREを使って実行するようにすることで無事に実行することができた。

amazonのマグカップが届いた!

会社の人がデスクに置いていて前々から気になっていた、
amazonのロゴが入ったマグカップを購入しました。

商品はこちら。
アフィリエイトリンクではないですが、気になる方はAmazonで「マグカップ」と検索すると上の方に出てくるのですぐに見つけられると思います。

Amazon CAPTCHA

白色もいいなと思ったのですが、2~3週間待ちだったので、黒色を注文。
コンビニ受け取りです。
コンビニで受け取る場合、結構ダンボールが大きいので注意が必要かも。

amazonらしいシンプルな箱に入っています。
ダンボールから取り出すときに少し雑になってしまったので折り目が付いていますが、実際はもう少しきれいな箱です。

f:id:yuki10k:20170124234451j:plain

実物を取り出すとこんな感じ。
内側にもamazonのロゴ入り。

f:id:yuki10k:20170124234456j:plain

結構大きく、Nexus6と比較するとこんな感じ。

f:id:yuki10k:20170124234501j:plain

さらにiPhone7と比較。
高さは同じくらいです。

f:id:yuki10k:20170124234503j:plain

値段は結構安いですが、持ち手も結構しっかりしているのでいい感じ。
早速明日から使っていきたいと思います。

ReactNativeのデバッグ方法

Atom上でデバッグできるのかなと思っていたけどできなかったので忘れないようにメモ

詳しくは公式ページに書いてあった。

facebook.github.io

デバッグ方法

起動中のエミュレータ上で、以下のキーを入力する

  • iOSの場合 : Command + D
  • Androidの場合 : Command + M

そうすると以下のダイアログが出て来るので、Debug JS Remotelyを選択。

f:id:yuki10k:20170122001704p:plain

ブラウザが立ち上がって、デバッグ用のダミーページが表示されるので、デベロッパーツールを開く。
Chromeの場合、Command + Option + J

f:id:yuki10k:20170122001709p:plain

そうするとソースコードやConsoleなどが確認できるようになるので、デバッグしたい場合はでデベロッパーツール上のJSコードにブレークポイントを置いて、実際に動かしてやるとブレクポイントで止まるようになり、変数に入っている値も参照できる。

f:id:yuki10k:20170122001713p:plain

一度デバッグモードに切り替えると、次回 react-native run-iosしたときも自動でデバッガが起動する。
キャンセルしたい場合、再度Command + D (AndroidCommand + M)で開発者メニューを表示してStop Remote JS Debuggingを選択してやればOK。

f:id:yuki10k:20170122001722p:plain

Atom上ではなくてChrome上でデバッグするのは斬新だけど、これでデバッグしながらの開発ができるようになった。

console.logの表示

デバッグを起動するまでもないけど、console.logだけ表示させておきたいという場合 既にアプリケーションが起動している状態で、ターミナルで以下のコマンドを実行する。

# iOSの場合
$ react-native log-ios

# Androidの場合
$ react-native log-android

そうすると、console.logで出力している内容が出力されるようになる
以下はjsonデータを単純に出力している。

Jan 22 00:14:46 USER_NAME AwesomeProject[46007] <Notice>: { title: 'Star Wars', releaseYear: '1977' }
Jan 22 00:14:46 USER_NAME AwesomeProject[46007] <Notice>: { title: 'Back to the Future', releaseYear: '1985' }
Jan 22 00:14:46 USER_NAME AwesomeProject[46007] <Notice>: { title: 'The Matrix', releaseYear: '1999' }
Jan 22 00:14:46 USER_NAME AwesomeProject[46007] <Notice>: { title: 'Inception', releaseYear: '2010' }
Jan 22 00:14:46 USER_NAME AwesomeProject[46007] <Notice>: { title: 'Interstellar', releaseYear: '2014' }