My Note Pad

Qiitaに書くほどでもない技術的なことや日々の雑感を書いていきます

CocoaPodsでRealmの設定をする

以前Laravelの学習用に環境を用意したものの、実際に業務で扱うのが先に伸びたので、正月休みにiOS開発の学習を始めた。

iOSアプリを開発する上で、パッケージマネージャとして有名 & よく使われているものが
CocoaPodsっぽかったのでCocoaPodsのインストールと、試しにRealm用のプロジェクトを作ってみた。

CocoaPods.org

※Swift3からは公式にSwift Package Managerが登場したらしいが、まだ主流はCocoaPodsっぽいのと、iOSなどにはまだ対応していないようなので今回は見送った。

Note that at this time the Package Manager has no support for iOS, watchOS, or tvOS platforms.

github.com

バージョン情報など

Xcode 8.2.1
Swift 最新版(3.x)
CocoaPods 1.1.1
Realm Swift 最新版

CocoaPodsのインストール

公式ページにある通り、gemでインストール。

$ sudo gem install cocoapods
・・・
$ pod --version
1.1.1

Realm Swift用のプロジェクトを作成

公式のドキュメントを参考に、進めていく。

realm.io

CocoaPodsのSpecリポジトリを更新する

※CocoaPodsインストール直後などの場合はいらない

$ pod repo update

Xcodeで新規iOSプロジェクトを作成する

目的がなければとりあえずSingleViewApplicationNext

f:id:yuki10k:20170103233017p:plain

プロジェクト設定はとりあえず適当に設定

Product NameRealmSample
Organization Nameデフォルトで設定されているもの
Organization Identifierデフォルトで設定されているもの
LanguageSwift
DevicesiPhone
Use Core Data未チェック
Include Unit Tests好みで
Include UI Tests好みで

f:id:yuki10k:20170103233032p:plain

podの設定

上で作成したXcodeプロジェクトは一度閉じておく。
作成したプロジェクトのディレクトリに移動してpod initPodfileを作成する。

$ cd ~/swift/RealmSample/
$ pod init

続いてPodfileを設定する。
以下の通り、対象のターゲットにpod 'RealmSwift'を追記し、ファイルの末尾にSwiftのバージョンを指定するように設定。

https://realm.io/jp/docs/swift/latest/

@@ -6,10 +6,12 @@ target 'RealmSample' do
   use_frameworks!

   # Pods for RealmSample
+  pod 'RealmSwift'

   target 'RealmSampleTests' do
     inherit! :search_paths
     # Pods for testing
+    pod 'RealmSwift'
   end

   target 'RealmSampleUITests' do
@@ -18,3 +20,11 @@ target 'RealmSample' do
   end

 end
+
+post_install do |installer|
+  installer.pods_project.targets.each do |target|
+    target.build_configurations.each do |config|
+      config.build_settings['SWIFT_VERSION'] = '3.0'
+    end
+  end
+end

その後、pod installを実行する。

$ pod install

実行が完了すると(多少警告は出るものの).xcworkspaceファイルが作成される

xcworkspaceファイルを開く

生成された.xcworkspaceファイルを開いてXcodeを起動する

f:id:yuki10k:20170104002417p:plain

プロジェクトのGeneral -> Linked Frameworks and Libraries+ボタンを選択

f:id:yuki10k:20170104002424p:plain

Realm.frameworkRealmSwift.frameworkを選択してAdd

f:id:yuki10k:20170104002513p:plain

一度 Cmd + Bでビルドすると、RealmSwiftが認識されてimportできるようになる

f:id:yuki10k:20170104002538p:plain

これで準備完了