読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Note Pad

Qiitaに書くほどでもない技術的なことや日々の雑感を書いていきます

mac OS sierraでHHKBを使うためにした設定

普段はmac book proをそのまま使っている。
mac book proを手前、外部ディスプレイを奥にして縦に並ぶようにして配置して使っていた。
ふとデスク周りを整理していて、手前のエリアを広く使いたくなったのでmac book proをクラムシェルモードで使うようにした。 キーボードはHHKB Lite2[日本語配列]

Happy Hacking Keyboard | HHKB Lite2 for Mac | PFU

これまでは外付けキーボードを使っていなかったので全く問題になっていなかったが、スペースの左右のキーで日本語・英語切り替えができなくなっていた。
まずはHHKBのドライバが更新されていないかチェック。
公式サイトからsierra対応版がダウンロードできた。

Happy Hacking Keyboard | Macintosh用ドライバダウンロード | PFU

ドライバをインストールしても相変わらず切り替えができなかった。
Seilの後継としてKarabiner-Elementsになっているようなので、早速インストール

GitHub - tekezo/Karabiner-Elements: The next generation Karabiner for macOS Sierra

最終的には以下のように割り当てた。

f:id:yuki10k:20161127232135p:plain

grave_accent_and_title(`)left_commandに設定しているのは、左commandキー + cクリップボードにコピーしようと思っても、何故か`が入力されてしまったため、割り当てた。
その結果、今まで通り commandキーとして認識してくれるようになった。

また、日本語配列キーボードにもかかわらず、文字入力してみたところUS配列として認識されていたので、Devicesタブから設定を変更してあげる必要があった。

f:id:yuki10k:20161127232301p:plain

少し手こずったものの、これでクラムシェルモードでも問題なく使えそうです。
※もしmac本体のキーボードを使いたくなったら、Karabiner Elementsを無効化すればよいらしい。